医療法人高橋歯科医院   〒020-0022 岩手県盛岡市大通り1-2-1サンビル別館2F  TEL.019-651-0202

TAKAHASHI DENTAL CLINIC




審美歯科治療

セレック/cerec 稼働中

f0125021_1534857

2009年11月にドイツsirona社のcerec3を導入しました。

それはナニモノかと言うと、セラミックのブロックから修復物をCAD/CAMで削り出して作れてしまう機械です。

むし歯や金属の詰め物を外して、被せる様に削った歯を専用のカメラ(スキャナー)で撮影して、スキャンしたデータを基に3D画像をでコンピュータ上で作製し、詰めるモノを設計します。
そのデータをLAN接続した削り出しの機械(ミリングマシン)へ送れば、設計通りのセラミック修復物があっさりとできてしまいます。

時間で言えば歯を形成するのに30分、データを作るのに30分、削り出しが5〜15分、研磨が手作業で20分ですから、うまくすれば2時間以内にセットまで終わってしまいます。
今は確実にモノにするために通常通り歯型を採って、石膏模型にしたものをスキャンしていますが、近いうちには直接口腔内でスキャンしようと考えています。

ですので、技工士さんへ依頼する必要がなくなり、そこでのエラーも無くなります。
同時に技工料金がない(機械の導入費が!!ちょっとお高い)ので、その分を安く提供できます。さらに、上のような理由で早い!

セラミックインレーは技工所への外注の場合で7万円、cerecの場合は3万円です。
セラミッククラウンは同じく外注で8〜10万円、cerecの場合は5万円です。
tdcline

CEREC症例

CERECはプラスチックを混ぜたいわゆる「ハイブリッドセラミック」とは違います。
純粋にセラミックだけの塊をCAD/CAMによって削り出した「オールセラミック」です。
耐摩耗性、耐変色、高強度、優れた色調、無アレルギーなど優れた点がたくさんあります。

■口の中の金属を白くする症例
初診時
f0125021_1742667

セット後
f0125021_17433320

初診時
f0125021_17451996 f0125021_17472564

セット後
f0125021_1746161 f0125021_1748565

初診時(口を開いた状態)              セット後
f0125021_17495274 f0125021_17502554

これで健康的な口元になり、大きく口を開けて笑った写真も気になりません。
tdcline

CEREC症例2

患者様の症例をいくつか掲載します。ご参考ください。

セット前                      セット後
baba01 baba02

セット前                      セット後
seki01 seki02

セット前                      セット後
sato01 sato02

セット前                      セット後
okamoto01 okamoto02

セット前                      セット後
suzaki01 suzaki02

セット後
mori01 mori02